プレスリリースの書き方マニュアル =キャンペーン配布中(DL版は無料)=



※メディアブリッジコンサルティング(MBC)は「共同通信社」グループ「共同通信PRワイヤー社」のオフィシャルパートナーです
プレスリリース 書き方
配布お申込み
(DL版は無料です)

 

【↓メルマガ情報↓】-----------------------------------------------------------------------【↓メルマガ情報↓】


メールアドレスを入力
Powered by & Raku Mail System ( ID: 0000218393 )  ◆バックナンバー

【↑メルマガ情報↑】-----------------------------------------------------------------------【↑メルマガ情報↑】

 

■早速配布のお申込み・・・とその前に!この書籍の「弱点」と「弱点カバー方法」について 【重要】

 このページまでお読みになって頂いた方は、是非このストラテジーブックをご注文頂きたいと思っておりますが、その前に大切なご説明をさせて頂きます。それは【この書籍の弱点】についてです。ストレートに申し上げますと、【MBCパブリックリレーションズ ストラテジーブックVer.3.0】は新聞雑誌等の紙媒体取材を獲得するための内容に執筆内容が絞られており、テレビ番組取材の獲得方法についてはボリュームの関係上、満足な内容が含まれていないと言う点です。そもそも、新聞・雑誌を中心と刷る紙媒体とテレビ(電波媒体)ではその制作ロジックや、取材対象として興味を持つネタ、業界構造などが全く異なっており、両者は完全に分けて説明をする必要があります。そういった中でストラテジーブックの構成を考慮すると、テレビPRだけは別途集中してボリューム有るコンテンツで執筆しないと、どうしても満足なPR手法をご説明する事はできない状況にありました。そして、熟慮に熟慮を重ねた結果、ストラテジーブックは、メディアリレーション活動の基本である、新聞・雑誌等の紙媒体へのリーチ手法に集中して作成せざるをえなくなってしまったのです。これがストラテジーブックの弱点です。

 しかし、その弱点を覆して補強する方法があります。2007年にメディアブリッジコンサルティング株式会社代表の吉池理を著者として、テレビ番組へのリーチ手法のみに特化した書籍、「テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法」が日本能率協会マネジメントセンターより出版されました。こちらの書籍は、ストラテジーブックで触れている紙媒体へのリーチ手法には逆に一切触れず、MBCの得意分野である、テレビPR手法及びテレビプレスリリースの作成・配信方法のみに特化して執筆させて頂きました。

テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法  
■出版:日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)
■著者:吉池理(よしいけ・まさし) 著
■内容:全264ページ
■価格:1,680円 (本体1,600円+税)
■ISBN:ISBN4-8207-4405-4
■版型:A5判並製
■送料:送料別(下記参照)

 つまり、新聞雑誌等の紙媒体プレスリリースをテーマとして取り扱った【MBCパブリックリレーションズ ストラテジーブックVer.3.0】、テレビ番組へのPR手法やプレスリリースをテーマとして取り扱った「テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法」を同時に入手して頂く事で、ようやく我々が意図した「初心者でもメディアPRが自由自在に扱えるようになるための基礎知識ツール」が完成したと言うわけです。それぞれの弱点と強みの補完関係にある両書籍ですが、【MBCパブリックリレーションズ ストラテジーブックVer.3.0】の入手をご希望の方は、「テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法」との2冊セットにてご提供をさせていただく形に限定することで、弱点の無いメディアリレーション構築知識の源としてご活用頂いております。

※【MBCパブリックリレーションズ ストラテジーブックVer.3.0】の単体での入手をご希望の方は、少々コンテンツが古くなってしまいますが、無料のダウンロードバージョンの配布申込みにご登録をお願い致します。

※【テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法】を単体でご購入既望の方は、お近くの書店かAmazon.co.jpにてお買い求め下さい。

尚、参考までに「テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法」の書籍内容を簡単に以下記述しておきます。

テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法 = 目次=

◆はじめに =PRは無料じゃない=

  • PR戦国時代がやってきた
  • PRの行き先は結局テレビに流れる
  • 安物PRサービスの横行と知識不足によるメディアの困惑
  • 頑固/清廉潔白な人はテレビPRには向いていない
  • PRに関する誤解 PRは無料なんていったのは誰だ

【第1章 テレビPRの裏側をご紹介しましょう】

◆PR抜きではマーケティングは語れない

  • 広告需要の低迷とPR需要の勃興
  • 高度化・複雑化するPR手法
  • PRの功罪

◆テレビPRの特徴

  • デメリットを補って余りあるメリット
  • テレビ番組制作システムに通じる者がテレビパブを制する
  • PR巧者はNHKと民放のビジネスモデルの違いを熟知して行動する
  • 地上派放送を最優先で狙い、BSとCSには注力しない
  • 独立系ローカル局(UHF)放送もとくには注力しない
  • いくらテレビにアプローチしてもダメな業種がある
  • 民放のメインターゲットは「主婦」と「ティーンエイジャー」だ
  • 視聴率システムについて
  • 「関東地方」と「女性・子供」が狙われる本当の理由
  • 放映コンテンツは1分単位で切り替わる
  • 取材されてもオールカットはよくある
  • 「公共性のある免許業」という特殊媒体テレビとそのタブー

【第2章 局別・番組タイプ別PRの傾向と対策】

◆テレビ局別傾向と対策

  • テレビ局にはそれぞれ特徴がある
  1. NHK(日本放送協会)
  2. 日本テレビ(NTV)
  3. 東京放送(TBS)
  4. フジテレビ(CX)
  5. テレビ朝日(EX)
  6. テレビ東京(TX)
  7. 独立系UHF局

◆番組タイプ別傾向と対策

  • 報道番組の特徴とPRの攻め方
  • 情報番組(ワイドショー含む)の特徴とPRの攻め方
  • バラエティ番組の特徴とPRの攻め方

【第3章 テレビPR用プレスリリース作成術】

◆テレビならではのプレスリリースを企画しよう

  • 報道番組へは一般的なプレスリリースの書き方でOK
  • 番組ごとのニーズに応じてアイデアを入れよ
  1. 報道局へのリリースポイント
  2. 情報局へのリリースポイント
  • 視聴率が取れそうなネタに限定する
  • テレビ用リリースは「具体的な映」が創造できるものが条件
  • どんな映像が撮れるか明確にしてある取材先をあらかじめ用意する
  • 最大公約数の法則 誰にでも好まれる情報を意図する
  • 無難の法則 テレビから排除されるPR内容
  • 「良いもの」でなく「良さそうに見えるもの」がPRの花形
  • 情報後追いの法則 ネタはパクリでもオーケー!
  • テレビのネタは東京、少なくとも首都圏の情報が好まれるその理由
  • 飽きられつつある「記事風プレスリリース」
  • 「テレビ媒体向けプレスリリースキット」を作ろう

◆テレビPR成功事例

  • 広告塔戦略 NPOを作ってしまう例
  • 借景戦略 他社の力を借りてしまう例
  • 一般に知られていない情報を大量に送りつけてしまう例
  • 「対決企画」をしかけてみる
  • ギネスブックに「申請」できるネタを作る
  • 商品がPRできないなら人物を出す!
  • 最後の手段は温泉・ラーメン・ダイエット

【第4章 テレビPR用プレスリリース配信術】

◆これが効率的で効果的な配信方法だ

  • タイミングと配信先をよく考えよう
  • タイミング 番組企画会議の直前を狙え
  • 配信先 番組制作担当者を探せ

◆配信する前にここをチェック

  • 番組制作担当者は紙媒体からネタを漁っていることに注目
  • 番組スポンサーとの関係を把握してかかれ
  • 局の報道姿勢を確認せよ
  • 何度も配信しなければ採用されないと心得よ
  • 記者クラブがつかえるなら労を厭わずアプローチせよ
  • プレスリリース配信方法や外注配信サービスはどれがよいのか
  • 媒体が嫌がるプレスリリース配信のタブー

【第5章 とっさの取材でも困らないマスコミ対応術】

◆リリース配信後に備えて準備すべきこと

  • 入り口はテレビでも出口はインターネットを用意しておく
  • リリース配信後、確認電話をするべきか、せざるべきか

◆マスコミ取材の対応術

  • 取材対応時のノウハウ
  • 演出に口を出してはいけない
  • 話は3つにまとめる
  • フレーズは8秒以内におさめる
  • 固有名詞と数字を断言する
  • 視聴者に好感をもたれる服装や見た目を意識しよう
  • キャラ立ちも意識しよう
  • 取材は早いテンポで進むが放送もテンポよく進むとは限らない
  • 放送尺の基礎知識
  • 放送尺の広告費換算

◆取材後にしてはならないこと・すべきこと

  • 「絶対放送されるから」は危険
  • 「ラッシュを見せろ」は厳禁
  • お礼状と出演料、そして製作スタッフに対する気配り
  • 媒体が嫌がるプレスリリースフォローのタブー

【第6章 ペイドパブリシティ(タイアップ)徹底活用術】

◆ペイドパブリシティの裏事情

  • タイアップを行わなければやっていけない制作事情
  • 制作会社にも企業にとってもおおきなメリット
  • 演出とヤラセの境界線
  • ヤラセとペイドパブリシティの違い
  • 250万円の番組と1000万円の商品

◆ペイドパブリシティの活用

  • ペイドパブリシティが出来る番組・制作会社は大体決まっている
  • 夕刊の記事掲載がわかっていたらテレビにも紹介されやすい
  • プレゼントパブリシティは需要が多い
  • NHKの協賛システム
  • 独立系UHF放送局の露骨なペイドパブリシティ枠

【第7章 メディアキャラバンによるマスコミ人脈の広げ方】

◆メディアキャラバンでマスコミリストを作る

  • プレスリリースは人脈には勝てない
  • メディアキャラバンはこうして進める
  • メディアキャラバンには手みやげが必要
  • メディアデータベース作成のススメ

【第8章 メディアレセプションでマスコミを集客する方法】

◆メディアレセプションで取材に来てもらう

  • ハコを持っている会社はレセプションが可能
  • 会場は青山・銀座周辺等の東京都内一等地が基本
  • メディアレセプションの進め方
  • レセプションでのタブー例
  • 事例 銀座高級かに料理店「年末年始の越前がに」レセプション

【第9章 プロダクトプレースメントでさりげなくPRする方法】

◆商品やサービスをさりげなくPRする方法

  • 米国から入ってきた手法だが、昔からあった「差込み」
  • テロップによるブランド名露出がベストだが・・・
  • 効果測定が難しい
  • プロダクトプレースメントの依頼先
  • プロダクトプレースメントは今後もさらに増加する

【第10章 リサーチ会社に攻め込むPR法】

◆制作現場への影響力が大きいリサーチャー

  • リサーチ会社は番組に商品・人物・会社等を「推薦」することができる
  • 大宅文庫に居る人たちはリサーチャーか作家の卵
  • リサーチ会社に人を送り込むウルトラC
  • ブログ、メルマガ、ウェブサイトはリサーチ会社の貴重な情報源
  • ネット→テレビ→ネットの流れ

【第11章 番組企画書をテレビ局に送ってしまう】

◆放送作家に依頼する

  • 常に番組企画不足に悩まされているテレビ業界
  • 昔と比べて企画が通りづらくなっている
  • ねらい目は「立ち上げ専門構成作家」
  • 制作会社の「社員放送作家」のヘルプができると強い
  • 予定調和のコント企画より「ハプニングが起こる」企画書を欲しがる

【終わりに PRを確実なものにするために】

  • PRの長所と短所を知っておく
  • 広告を軽視せず、PRとの相乗効果を狙う
  • 御社もテレビPRを活用してブランド企業の仲間入りを果たしてください

 

 

■書籍配布希望の方はこちらから = 早急にマスコミ取材を獲得したい企業に配布中です =

【 MBCパブリックリレーションズ ストラテジーブックVer.3.0】は
【テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法】と
2冊セットでご提供させて頂いております。

 

テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法

プレスリリース 書き方
プレスリリース 書き方
プレスリリース 書き方
プレスリリース 書き方
プレスリリース 書き方

 

【パブリックリレーションズ
ストラテジーブック3.0】
【テレビであなたの商品・会社を
PRするとっておきの方法】
内容 全115ページ 全264ページ
■出版: メディアブリッジコンサルティング株式会社 日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)
■著者: 吉池理(よしいけ・まさし) 著 吉池理(よしいけ・まさし) 著
■版型: A4印刷 A5判並製
■ISBN:

無し

ISBN4-8207-4405-4
■単品定価: 3,045円 (本体2,900円+税) 1,680円 (本体1,600円+税)
※ダウンロード版は無料
■セット価格:

4,725円 (本体4,500円+税) ※当サイトからのセットご購入価格

■送料: 送料別(下記参照) 送料別(下記参照)

【 配布お申し込みの流れ 】

【 配送料金について 】

※クロネコヤマト宅急便価格にて配送いたします。配送料金はご購入セット数、配達先地域によって異なりますので、下記クロネコヤマト宅急便ウェブサイトよりご確認下さい。。

【料金表はこちら】

 

『パブリックリレーションズストラテジーブックVer.3.0』+『テレビであなたの商品・会社をPRするとっておきの方法』セットの配布を希望する方は、下記のフォームにメールアドレスを入力することで、具体的な書籍配布お手続きが記されたメールを自動で受け取ることが出来ます。

また、ストラテジーブックに戦略的パブリシティセミナーCD(2枚組)とメディアコンタクト先FAXリストが付属した特別バージョンもございますので、ストラテジーブックに加えて更なるPRノウハウを手に入れたい方はこちらからご注文下さい(こちらは無料ダウンロードバージョンはありませんのでご注意ください)。

 

プレスリリース 書き方
「パブリックリレーションズストラテジーブックVer.30」PDFダウンロード版は無料配布中です

 

プレスリリース 書き方

 
配布数: セット
お名前: 全角 (例) 吉池 理
フリガナ: 全角 (例) ヨシイケマサシ
会社名: 全角 (例) ヨシイケ株式会社
部署名: 半角 (例) マーケティング部
お役職: 半角 (例) 部長
郵便番号: 半角 (例) 364-0035
都道府県 お選びください
住所:
建物名・部屋番号まで正確にご記入をお願いします。
電話:   半角 (例) 03-5392-6294
FAX:   半角 (例) 03-5392-6294
E-mail: 半角 (例) info@mediabridge.info
フリーメールのアドレスは不可
E-mail: 半角 (例) info@mediabridge.info
確認のためもう一度
ホームページURL:  
ホームページをお持ちの方はご記入をお願いいたします。

 

印は必須記入項目です。必ずご記入の程宜しくお願いいたします。

 




クリックは一度だけ押してください。

■配布申込みフォームがうまく作動しない場合はinfo@mediabridge.infoへご連絡ください

プレスリリース 書き方
プレスリリース 書き方
プレスリリース 書き方

配布お申込み
(DL版は無料です)

成果報酬式のテレビPR支援サービス

-------------------------------------------------------------------------
プレスリリース 書き方 TOP
-------------------------------------------------------------------------
PR会社MBCプレスリリース書き方プレスリリース配信代行
プレスリリース書き方ブログペイドパブリシティブロガー記者クラブ
PR会社広報パブリシティ


 特定商取引に関する表示 ページTOPへ
Copyright© 2003-2007 Media Bridge Consulting. All rights reserved. SEO戦略ツール集