プレスリリース配信代行

プレスリリース配信代行
無料診断
お申し込み

プレスリリース配信代行

メディア掲載・無料診断キャンペーン実施中!

成果報酬と申しましても、MBCへはじめての委託をご検討の場合、様々な不安があると思います…

  • 市場性の見込める事業、商品なのかどうなのか、アドバイスが欲しい。
  • PR戦略の精度、ブレを的確に判断して欲しい。
  • 事業や商品の市場性、話題性を冷静に判断して欲しい。
  • プレスリリース企画の具体的な提案をしてほしい。
  • プレスリリースがメディアに掲載されるのかどうなのか、判断して欲しい。

まず、こういった懸念、不安を払拭していただくべく、通常料金5,250円の有料メールコンサルティングをキャンペーン中に限り、無料とさせていただきます。

具体的には、貴社のプレスリリース企画がメディアに掲載されやすいのかどうなのか、市場動向・メディア動向をMBC独自のノウハウでリサーチし、極めて精度の高い診断をいたします。

プレスリリース作成/配信代行メニューお申し込みのご検討材料にしてください。


※無料診断をお受けになっても、成果報酬メニューへの申し込み義務はありませんので、どなた様もご安心して無料診断を申し込みいただければと思います。

期間限定、メディア掲載・無料診断キャンペーンのお申し込みはこちら

料金

オプション料金

【これからのPR戦略】
近年は「広告」の効果が目に見えて下がっていることを体感する経営者さんが多いようです。世界的な大手企業ですら、数々の広告宣伝策に莫大な費用を投じていますが、その結果は必ずしも芳しいものではないようです。

大企業よりも経営実力・体力が劣る中小企業が、大企業の真似事の広告戦略を打ち立ててみたところで、全く効果がないのは当たり前の話なのですね。しかし、お客様がいなければお金をいただけないのが厳しい現実の姿。

よって、創業したてのベンチャー企業様及び中堅企業の経営者様にとって、年々高騰する広告費や営業人件費は、非常に悩ましい問題点の1つとなっていることは明白です。

「広告費・営業人件費を減らしながら効果的に集客を図る方法が無いだろうか?」

「企業イメージ、商品ブランド化を図るために、中小企業でも出来ることは無いだろうか?」。

そのように御考えになる方にお聞きしたいことがございます。

「低費用で広告の数倍・数十倍も集客効果があり、戦略的に長期間実行することで企業イメージ・ブランド化が可能な方法があるとしたら実行しますか?」

その答えがマスメディアとWinWinの情報交換をしつつ、個々の基礎的な経営全体戦略を大切に育てていく「パブリシティ戦略/ブランド化戦略」なのです。

弊社ではマスメディアのパブリシティ効果による短期的な利益に加え、長期的な視点に立った上で、クライアント様企業のブランド化を成功させるためのノウハウを惜しみなくお客様に開放しております。

【メディアに向いたPR戦略を】
マスメディア対策を有効に行い、ブランド化を実現させたいベンチャー企業様へ企業がPR戦術・戦略としてマスメディアと協調関係を保つことについて、それぞれの企業様には賛美両論あると思います。

ただし、私たちの周囲を見回してみると、ブランド企業と呼ばれる会社のほとんどが、マスメディアとの良好な関係を築きながら、互いに情報交換を密にしながら企業戦略に溶け込ませているのがほとんどです。決して一方が他方を利用してやろうとするようないびつな関係では上手く行きません。

弊社では、クライアント様とマスメディアの皆様が「良好な関係」を結び、互いにそれぞれの事業領域のトップランナーとして、得意分野を生かした情報交換を行いながら切磋琢磨しあえる友人のような関係になっていただくことをサポートしております。

其の上で、綿密で着実な経営戦略に基づき、クライアント様企業及び商品のブランド化支援を行っております。メディアと良好な関係を気付けない企業にはブランド化は不可能です。

【PR会社選びが企業戦略のキモ】
MBCの理念を一言で言えば、ブランド化経営戦略に基づいたパブリシティ戦略を中心とした肉厚なコンサルティング実務サービスということになります。

パブリシティに関してなのですが、中小企業向けにプレスリリースを作成代行・配信代行する会社は数多くあります。しかし、それら企業のほとんどがアマチュアに毛が生えた程度のセミプロであり、非常に多くの問題点を抱えています。

例えば・・・・

プレスリリースをメディア配信しっぱなしで、一切その後のフォローを行わない単なるFAX配信代行屋さん

FAXでのリリース配信でしかメディアへのコンタクト方法を知らない(記者クラブなど足も踏み入れたことが無いという中小企業向けPR代行会社もある位です)

広報実務を実行する人間が、マスメディアの専門家ではない単なる昔、メディアにちょっと取り上げてもらった普通の素人さん

企業経営戦略の専門家ではなく、クライアント様の業種・業態・商品内容の知識・経験が非常に薄い会社

残念ながら、そのような半分素人といえるサービスを結構なお値段で供給している企業が多いのも事実です。誹謗中傷の意図はございませんが、PR業界も健全な体質にならなければと思う次第です。

弊社は、あくまでもPRコンサルティングを中心にすえつつも、経済産業大臣に登録する中小企業診断士が中心となって企業全体戦略に対して真摯に誠実なアドバイス、実務実行を行っております。

手前味噌で恐縮なのですが、他社と比較した弊社のアドバンテージには主に以下のようなものがあります。

■MBCのアドバンテージ

  • 日米のTVメディア業界出身のコンサルタントが直接クライアント様の支援にあたりますので、メディアサイドのルールや考え方、PR業務の仕組みについて経験が厚い信頼性の高いコンサルティングを行います。


  • 中小企業診断士を中心とする、ビジネス経営戦略のプロフェッショナルが支援を行うため、企業サイド(クライアント様)のニーズに柔軟・肉厚に対応することが可能です。


  • プレスリリースをFAXで送るだけのサービスではなく、記者クラブでの報道用資料配布・記者会見をはじめ、様々なメディアコンタクト方法、メディア対応方法に関する支援を行います。


  • 短期的なPRだけにとどまらず、ブランド経営戦略に基づいた長期的戦略支援を行いますので、クライアント様の業績及びブランド力を確実に向上させます。



■メディア掲載、執筆・寄稿

日本能率協会マネジメントセンターよりPR関連書籍を12月に発売予定
「PRIR」(株式会社宣伝会議者発行、 業界専門誌) 近代中小企業2004年7月号  (株式会社データエージェント)  先見経済2004年6月号  (株式会社清和会) 
 ■「PRIR」(株式会社宣伝会議発行、業界専門誌)にMBCの記事が掲載されます。  ■近代中小企業2004年7月号(株式会社データエージェント)事例研究 自社ウェブサイト活用で求人。を寄稿  ■先見経済2004年6月号(株式会社清和会)「ロングレンジで売れる商品を生み出せ!長寿商品の秘訣。を寄稿

この機会に、是非あなた様ともお仕事を共同で進めることなど出来ましたら、コンサルタント冥利に尽きるというものです。

あなた様とお会いできる日を、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。有難うございました。


メディアブリッジコンサルティング 代表

中小企業診断士  吉池 理

MBC創業ストーリーはこちら

追伸
今回は特別に期間限定、メディア掲載・無料診断キャンペーンをご用意させていただきましたので、どうぞこの機会に弊社サービスをご利用いただき、企業PR戦略の見直し、広報重要性の再認識とともに、媒体露出をきっかけに事業拡大と継続成長を実現した弊社クライアントの仲間入りをください。

お名前
フリガナ
会社名
郵便番号 -
住 所

都道府県

市町村郡区

番 地

建物、会社名

電話番号
ファクス番号
メールアドレス
貴社ウェブサイトURL

(半角英数字)

ご相談したいプレスリリース作成予定内容−【ご注意】なにをどんな目的で、どういった切り口でのリリース企画なのか、できるだけ具体的にお書き下さい。草案レベルでも構いません。
配信予定マスメディア媒体−【ご注意】雑誌、新聞等の媒体名を具体的にお書き下さい。
御社マーケティングに役立つ非公開ペイドパブリシティ情報をご提供するメルマガをご購読いたしますか?
当サイトを何で知りましたか?
検索エンジン  媒体名
ホームページ・ブログ 媒体名
メールマガジン 媒体名
広告 媒体名
マスメディア媒体 媒体名

■申込みフォームがうまく作動しない場合は、info@mediabridge.infoへご連絡ください